メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒
百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

最終更新日 : 2016/09/06

この記事をシェアする

  • LINEで送る
石山勇人
石山勇人さんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

前回こってり系の特集をしてから早2か月。やはりこってり濃厚なラーメンの勢いは止まらず新規出店が相次いでいます。純増数No.1の家系に始まり博多系の実力店や味噌ラーメンの本命。はずせないG系の新鋭や名店に学んだオリジナル豚骨など、今回もレパートリーに富んだセレクトになります。ラーメン食べ歩きの参考になればと思いますので宜しくお願いします。

▽前回の記事はこちら▽
こってり系の魅力を再確認!食べるべき新鋭の豚骨ラーメン5軒
https://mecicolle.gnavi.co.jp/report/detail/8432/?from_article

1.“麺屋 大和田” 家系ラーメンの先兵『横横家』のDNAを渋谷に発見【渋谷】

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

今年1月渋谷の道玄坂にオープンし、オープンな厨房で臨場感のある豚骨スープが人気を博す新鋭。店主は横浜家系ラーメン総本山『吉村家』系、『横横家』で経験を積んだ実力派。家系の作り方を熟知しつつも、マイナーチェンジを加え、渋谷オリジナルの味を提供する。醤油の主張が強い本家に比べ、ややマイルドに仕上げられた豚骨スープ。少量の鶏ガラを加え砕きながら炊き上げるスープは旨味が凝縮されたポタージュのような舌触り。店主の地元横須賀『増田製麺』から取り寄せる麺は、加水が低く力強い食感が特徴的。平日は早朝5時まで営業するので渋谷の深夜族垂涎のお店になること間違い無い。

紹介しているお店はこちら!

2.“味噌麺処 楓” 野方『花道』×札幌『西山製麺』の絶妙コラボ【荻窪】

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

西武新宿線野方駅にある味噌ラーメンの人気店、『花道』のネクストブランドとして今年4月にオープン。札幌ラーメンの大御所店に学んだ技術が遺憾なく発揮されるスープは、豚骨・鶏ガラに加え、コラーゲン豊富な豚足やモミジなどを炊き込む動物系重厚なもの。熱々に熱した中華鍋で味噌と合わせ、香ばしい香りを沸き立てる。白味噌特有の甘味を引き締めるのが少量の山椒。動物系の荒々しさを包み込む芳醇な味噌の旨味。そして山椒のスパイシーなアクセントがこちらの味噌ラーメンの醍醐味だ。そして今回新たな試みとして始めたのが『西山製麺』製熟成麺の使用。札幌ラーメン特有のやや硬質な食感はパンチの効いたスープとの相性が抜群だ。

紹介しているお店はこちら!
住所:東京都杉並区上荻2-40-11
電話:03-6915-0881
営業時間:11:00~15:00/18:00~21:00(土日祝11:00~17:00)
定休日:月曜

3.“博多 一瑞亭” 呼び戻し豚骨スープの博多ストロングスタイル【新宿御苑前】

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

「博多の有名店で修行をした店主が提供する呼び戻しスープの豚骨ラーメン店」。そのような触れ込みに釣られ、今年4月のオープン早々に訪問した。店内に入ると九州特有の豚骨臭。好みの分かれる特有の香りだが、自分はもちろん大歓迎。期待に胸を躍らせ着席する。提供されたのは博多原理主義を徹底する野趣溢れる豚骨スープ。臭みに変わる一歩手前で豚骨の香り旨味を最大限に引き出している。麺も博多特有の低加水麺。小麦の風味が強く豚骨スープとの相性は周知の通り。期待を上回る完成度の高さに、初めて『なんでんかんでん』を食べた時の衝撃を思い出した。


紹介しているお店はこちら!
住所:東京都新宿区新宿1-4-12
電話:03-6675-9666
営業時間:11:00~LO15:00/17:00~LO23:00
定休日:無し

紹介しているお店はこちら!

4.“立川マシマシ 神田駅前店” 勢いが止まらないG系ラーメンの新鋭【神田】

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

『ラーメン二郎』。ラーメン好きでなくても東京都内に住んでいれば一度は耳にしたことがあるであろう屋号と特徴的な黄色い看板。圧倒的なボリュームと豚・ニンニクというゴールデンコンビで行列を作る、都市伝説的なラーメン店だ。そしてその『ラーメン二郎』に触発され、同じガッツリ系のコンセプトのもとに創作を重ねるラーメン店を「二郎インスパイア系」、もしくはガッツリ・極太・ガーリックの頭文字をとり「G系」と呼ぶ。

 

今回ご紹介するのは二郎インスパイア系の中でも特に勢いのある『立川マシマシ』。2014年立川に登場して以来こちらの神田駅前店で4店舗目となり、界隈では早くも人気を呼び行列を作っている。豚骨の旨味が溶け込んだとろみのある乳化スープは、甘めの醤油味がクセになるG系テッパンの味。オーション(二郎御用達の強力粉)で打たれた極太麺も、豪快かつ小麦の風味が豊かに香り、このスープにしてこの麺ありという絶妙なバランス。スープはこってりとしていながらもモヤシが中和するため意外と箸の進みが早い。肉厚のチャーシューもまさにG系のそれで、肉汁がしたたるジューシーな食感は至福の一言に尽きる。

※神田駅前店はビル改装により6月閉店予定

紹介しているお店はこちら!
住所:東京都千代田区内神田3-8-10
電話:03-5297-8083
営業時間:11:00~15:00/17:00~LO23:45(土11:00~15:00/17:00~22:00 )
定休日:日祝

5.“麺屋 正” 船橋のカリスマに師事した重厚豚骨スープ【錦糸町】

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

船橋を中心に人気を誇る『麺屋あらき』グループで長年腕をふるった店主が、満を持して激戦区である錦糸町駅の南口エリアに出店。錦糸町最濃とも言えるど豚骨スープで勝負に出た。修行先『麺屋あらき』のネクストブランドである『戯拉戯拉』を意識したというスープは、豚骨を長時間炊き上げた粘度の高いもの。しかし、九州系とは異なり豚頭を使わず下処理を徹底するため臭みはなく、豚の力強い風味をダイレクトに堪能できる。合わせる麺は、ラーメンとしては極太の部類に入る14番(茹で前で幅2mm以上)。ズシっと身のつまった噛みごたえのある麺で、濃厚スープのインパクトに負けていない。マー油(ニンニクの焦がし油)のほろ苦さがアクセントになり、重いスープの割りにスルスルと食べ進むことができる。

紹介しているお店はこちら!
住所:東京都墨田区江東橋2-6-14
電話:03-6659-3481
営業時間:11:30~14:30/17:30~翌1:00
定休:不定

▼他の新店特集の記事もチェック!

百花繚乱のこってり味!新規出店が相次ぐ新鋭豚骨ラーメン5軒

特集:もう食べた?食通を虜にしたオープン1年以内の店11選
https://mecicolle.gnavi.co.jp/report/detail/8803/?from_article

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2016/06/02に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    カテゴリ

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる