メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ
【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

最終更新日 : 2015/04/02

この記事をシェアする

  • LINEで送る
さいちゃん
さいちゃんさんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

ナンでもライスでもなく、これは・・・。

本当の家庭料理。
外国にもそんな私達が知らない家庭料理、あるのではないでしょうか。
(大きな火力が必要なのでは・・・と思われる中国料理も、家庭では普通のコンロで作っていますものね。)

インドにも、日本人が知らない家庭料理があります。
そんな、西インドの家庭料理がいただけるお店が、東京の西葛西にあると聞き、行って来ました。

東西線の西葛西駅の北口を出て、歩くこと5分ほど。

左側にある団地の1階に、お店が並びます。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

そんな中の一軒、今回の目的地、“印度家庭料理 レカ”さんはあります。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

入口からして、いい感じの雰囲気です。

お伺いしたのは、土曜日のお昼前。
ゆったりと時間が流れているような感じの店内に入り、カウンター席に座らせていただきます。

すると、オーナーと思われる男性の方が、お冷やとメニューを持って来てくださいます。

ちょっと前、ネットを見ていて、このお店の存在を知り、すごく気になっていたのです。

店内には、こんなそそられるポスターも。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

インド人が毎日食べる食事はこんな味だった!
今まで日本で食べたのはなんだったんだろう?

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

ビリャニはこうだったんだ!  知らなかった!
最高級の米を使い、圧力をかけて3時間も炊き込んだ本格的なビリャニは美味いぜ!

 

これを見てると、すごく食べたくなりますよね!
カレーとチャパティ、ビリャニがセットになったもの・・・。

メニューには、今まで見たこともなかったようなインドの家庭料理が並びます。

初めてなので、カレーとチャパティ、ビリャニがセットになった、スペシャルセット・・・。
を通常ならばお願いするかと思うのですが、ちょっと気になったものがあったので、そちらをお願いしました。

店内は、インドの音楽が流れ、インドの民族的な装飾が施され、ちょっと薄暗いような感じ・・・。
では全然無く、明るくフレンドリーな雰囲気。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

カウンターの上には、スパイスの小瓶が置かれてたりする以外は、何ら日本の食堂と変わらないような・・・。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

店内は、カウンター席が3つと、2人掛けテーブルが4つに、4人掛けテーブルが2つ。
あ、テラス席(ま、外にテーブルがあるだけなのですが(^^;))もあったかなぁ・・・。

私がお店に着いたときは、カウンター席に1人お客さんがいただけでしたが、お昼の時間が近づくにつれ、一組、また一組とお客さんが増えてきました。
けっこう、知る人ぞ知るお店のようですね。

そんな感じで、店内やメニューを眺めていると、私が注文した、
「ミサル・パウ」が出来上がってきましたよ。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

屋台から洒落たレストランまで、どこでも食べられる西インドの美味しくて人気のあるレシピ。
「ミサル」は6種類以上の豆のカレー、「パウ」はパンの意味。
軽食またはランチとして食べられる。

ホント、こうやってみると、インド版のモーニングって感じですよね。

たくさんの豆が入ったカレー、「ミサル」。
これ、そのままいただいてもすごく美味しいです(^^)

 

 

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

そしてサラダ。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

ドレッシングには、インドのカレー屋さんでお馴染みの赤いドレッシングがかけられています。

そして、「パウ」。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

どこからどうみても、食パンのトーストですね。
トースト型のナンかと思いましたが(思わないですね(^^;))、食パンです。
(ちなみに、インドの家庭では、普段ナンは食べずに、チャパティや食パンを食べるそうです。)

「よく混ぜて食べてくださいね。」とのこと。
混ぜると美味しいのは、スリランカカレーも、ピビンバも一緒ですね。


それでは早速いただきます。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

わ! 本当に美味しい(^^)(^^)
カレーの風味がいいし、味付けも本当に美味しいですよ。

そして、パンにつけていただきます。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

本当に良く合いますね!
日本のカレーライスのルーをパンにつけて食べることは、子供の頃よくやりましたが、本格的なインドのカレーも食パンとの相性、すごくいいですよ!

そして、このカレーの中に入っている玉ネギがまたいい感じなのです。
玉ネギの辛味は少し感じるのですが、それがカレーの深みと出会うと、あら不思議!

辛味の中の甘味を感じる事が出来、その味わいは絶妙な感じで食パンと合ってくるのですよ。

孤独のグルメのような感じで表現すると、

“あ、美味い! でも辛い。 あ、辛味とカレーの旨味、食パンがすごく良く合うぞ!
これは、新しいカレーと玉ネギの食べ方を発見したぞ! 美味い、辛い、でも美味い、辛い、美味い!・・・”

そんな幸せのスパイラルが続くのですよ(^^)(^^)
これがたったの500円。
お値段も素晴らしい(^^)

「ミサル・パウ」があまりにも美味しかったので、思わずもう一品注文してしまいました。

サブダナ・キチュデです。

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

これも、西インドではポピュラーな軽食のようで、日本では食べられるところ、あまりないのでは・・とのことです。

タピオカのカレー風炒めは西インドの朝食の中で子供の一番人気がある料理。
消化しやすいということで断食の日に欠かせない。
鉄分、カルシウム、繊維が豊富なタピオカは、インド・アーユルウェーダでは重要視される。(特に糖尿病患者の場合)。

これも初めて見る料理ですね。

最初、甘味を感じます。
そのあとから、スパイスの香り、味わいが順番にやってきて、口の中にスパイスの香りが広がってゆくのです。

そしてこれ、タピオカの食感がおもしろいですよ!

主人曰く、「これ、何が入ってるか、わかりますか? 当ててみてください!」

えっと。クミン、ジャガイモ、タピオカ、ココナッツ、コリアンダー・・・

 

ここまではわかりました。
(このあと、全て教えてくださいましたが、みなさんは一度是非食べてみてください!)

【西葛西】ナンより食パン!?インドの本当の家庭料理を楽しむ

店主といろいろ話をしていると、味見にと、茄子のカレーも少し出してくださいました。

これも、あっさりしながらも味わい深く美味しいのです(^^)(^^)

「これだけいろんな種類のカレーや料理があると、毎日食べても飽きないですね!」
「そうですけど、私はカレーよりも、和食が大好きなんですよ。」と店主。

おもしろいです(^^;)。
ま、料理を作っているのは奥様ですから、それもいいですよね(^^;)

ずっと行きたかった、西葛西の“印度家庭料理レカ”さん。
想像していたよりも、ずっと美味しくて、店主をはじめお店の方も温かくて、居心地のすごくいいお店でした。

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2015/04/02に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる