メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒
寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒

寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒

最終更新日 : 2018/12/23

この記事で紹介するのは…関西でオススメのスープカレーについて紹介しています。『Spice&cafe SidMid(すぱいすあんどかふぇしどみど)』、『Magic Spice(まじっくすぱいす)』、『土鍋スープカレー 近江屋清右衛門(どなべすーぷかれーおうみやせいうえもん)』、『Asian Bar RAMAI (あじあんばーらまい)』、『かれー屋ひろし(かれーやひろし)』などの有名店・人気店をまとめました。

この記事をシェアする

  • LINEで送る
さいちゃん
さいちゃんさんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

今年は暖冬。
そう言われても、やはり寒いのがこの季節。
こういう時は、体の中から温めたい。 

そんなときにピッタリ、関西の暖かく美味しいスープカレーを7軒、ご紹介します。

1.でっかいチキンが魅力! 『シドミド』のコク旨系スープカレー。

寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒

大きめの器に、たっぷりのスープカレーとチキンレッグ。
ごはんは別盛りで、ピラミッドのように盛ってくださっています。

そしてなんと言っても、チキンレッグが大きい!
食べごたえがあって、嬉しい限り。 

そして、チキンレッグは、スプーンを入れると、簡単に骨から身がハズレる柔らかさ。
これが本当に美味しい!
この感覚が忘れられなくて、チキンレッグを注文することが多いのです。

野菜たっぷり、大きな骨付きチキンレッグで大満足!
気がつけば、お腹も心も満たされて完食。
大満足間違い無しの逸品ですよ。

大きな骨付きチキンに、旨みたっぷりのコクがあるタイプのスープカレーが楽しめます。

紹介しているお店はこちら!

2.辛さと旨さは同時に上昇する! 元祖スープカレーの『マジックスパイス』。

寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒

スープカレーはマジスパから生まれた・・・。
そう言われるくらい前から札幌でスープカレーを広めたお店。
マジックスパイス・・・魔法薬草と言われるくらいの独創性と中毒性を持つスープカレー。 

チキン、ハンバーグ、ビーフ、ポーク角煮、シーフードなどのスープカレーに、いろんなトッピングを加えて仕上げる楽しさもあって、一度で2回、いえ5回は楽しめるお店。

辛いのが苦手でないならば、辛さは真ん中の「涅槃」以上を選ぶべし!
辛さだけではなく、旨味、野菜の量も増えて、満足度は確実にアップしますよ。
激辛好きの猛者は、「アクエリアス」に挑戦するのもアリかも。

紹介しているお店はこちら!

3.創業250余年のお漬物屋さんがプロデュースする『土鍋スープカレー近江屋清右衛門』のスープカレー。

寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒

欧風カレーが人気のお店、『近江屋清右衛門』展開する、土鍋スープカレーのお店。

こちらのお店では、京赤地鶏、京都ぽーくのハンバーグなど、京都のこだわり食材を使ったスープカレーをいただくことが出来ます。

この日に食べたのは、京赤地鶏の手羽元スープカレーを10辛。

レッグではなく、手羽元ではありますが、結構大きなものが2本も入っていて、
レッグに引けを足らないくらいのボリューム!

 

スープカレーには、ごはんとお漬物も付いていて、これが意外とよく合うのです。
スープカレーの味わいは、トマトの酸味もいい感じにマッチしていて、食べ飽きしなさそうな感じで好印象。

チキンは、スプーンで簡単にほぐれるくらいに柔らかく、旨味が強い。
野菜もたっぷりと入っていて、バランスよくいただくことができますよ。

紹介しているお店はこちら!

4.バリ島生まれの札幌育ち!『アジアンバー・ラマイ』のスープカレー。

寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒

現地ムードタップリの外観は、夜に通りかかったら、本当にBARだと思ってしまうかも。
勇気を出して、扉を開けると、店内はスパイスの香りで満タン。
南国カレー気分を盛り上げてくれます。 

スープカレーの種類は、
ヤサイ、チキン、ポーク、ブヒッ?・・・あ、豚しゃぶ肉が入ったやつね。
そして、ウダン(海老天)、タフゴレン(揚げ出し豆腐)、ビーフ、フィッシュフライ。
野菜以外は、どれも1,100円なので、値段による差を気にしないで選ぶことが出来ます。

カレーを選んだら、次は辛さとライスの量。

ライスも、S(150g)、M(300g)、L(450g)は追加料金なし。
1,000gを超える、ピラミッドのような盛りの「キンタマーニ」は、+200円で選択することが出来ます。

こちらのスープカレーは、野菜の甘味がしっかりと溶け出していて、甘味があります。
そして、その後から辛さがやって来る感じ。
複雑な旨味が凄く好印象ですね。

野菜の量もタップリ、骨付きチキンは、スプーンでホロッと骨から肉が外れる柔らかさ。
同じ札幌出身でも、マジスパとは違った美味しさを楽しむことが出来ますよ。 

紹介しているお店はこちら!
店名:Asian Bar RAMAI 大阪あびこ店
住所:大阪市住吉区苅田7-12-5
電話番号:06-6657-7196
公式ページ:http://www.ramai.co.jp/shop_osaka.html

5.カレーによく合う、体に優しい意外な組み合わせの『かれー屋ひろし』の納豆スープカレー。

寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒

スープカレーと言えば、骨付きチキンが定番。
そして、ポーク、ビーフ、シーフードとメインの具材が来るのですが、
納豆のスープカレーが美味い店がある。
そんな話を聞き、言ってきたのがこちらのお店『かれー屋ひろし』。
メニューにも、チキン、野菜、エビとアサリに続き、納豆がメインにラインナップされているほど。 

チキンにトッピングで納豆を加えることも出来るが、納豆のスープカレーに、チキンレッグをトッピングで加えたほうが、より納豆感が増すのだとか。

味わいは、最初に甘みを感じ、後からスパイスの香りと辛さが通り過ぎて、旨味が口の中に広がるような感じで美味しい。
店主も女性スタッフの方も、笑顔が素敵で癒やされますよ。
京都市内中心部からは少し離れますが、是非とも足をのばしてみる価値あり!
オススメしますよ。

  

紹介しているお店はこちら!
店名:かれー屋ひろし
住所:京都市中京区西ノ京御輿岡町27-7    
電話:090-8387-9845
営業時間:12:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~22:00(L.O.21:00) 
定休日:火・水
備考:禁煙(軒先に喫煙スペースあり)、駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

6.とろとろ牛すじが美味い『こうき屋』の牛すじスープカレー。

寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒

インバウンドに絶大な人気を誇る神戸牛。
流石に神戸牛のスープカレーは無いけれど、それに勝るとも劣らないくらいに美味しい、牛すじのスープカレーをいただくことが出来るのが、神戸元町にある「こうき屋」。 

こちらのお店のスープカレーは、トマトスープ、ココナッツスープ、和風スープから選べるのも特徴。

ベースのスープを選び、カレーの種類を選び、辛さを選ぶと基本オーダーは完了。
そこに、好みでトッピングを加えていって、自分好みにアレンジするのも楽しみのひとつ。 

注文した牛すじのスープカレーは、めちゃくちゃ柔らかくて美味しい。
この日は、スープのベースをココナッツでお願いしたので、深みある美味しさを楽しむことが出来ました。
トマトベース、和風ベースにすると、どんな美味しさを味わえるのかも楽しみのひとつかも。
カレーの種類とスープのバリエーション、いろんな組み合わせを楽しんで下さいね。

紹介しているお店はこちら!

7.スープカレーの概念を覆される、『フジヤマコウタ』の元気満タンスープカレー。

寒い冬はスープカレーで乗りきろう!関西のスープカレーが美味しい店7軒

「うちはスープカレーのお店じゃないんですけど・・」
そう言いながらも、定期的に登場する、こちらのお店のスープカレーが凄い。
「ウマミーランド」と別名を付けられるほどに、旨味にこだわる店主が作るスープは、一度味わえば、忘れられない味わい。 

カウンター6席のお店は、いつも開店前から行列ができる。
それだけファンの心を掴んで離さない味わいは、一度でも食べると、忘れられないものとなるのは必至で、通常のスープカレーの概念を覆す。 

オプションで選べる、アサリの辣油は、スープカレーの旨味を更に深め、あっという間に完食してしまうほどの破壊力を持つ逸品。

 

紹介しているお店はこちら!
店名: Fuji-yama Kohta(フジヤマコウタ)
住所:大阪市中央区東高麗橋4-9 双葉シンティブプラザビル 103        
営業時間:11:30~15:00、18:30~20:30 
定休日:日曜、祝日 ほかに臨時休業有   
備考:完全禁煙、駐車場なし(近隣に駐車場あり)

メシコレ・セレクトのお店 メシコレ・セレクトのお店
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2018/12/23に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる