メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
ドライ?ウェット?香りが食欲をそそる宮津カレー焼きそば3軒
ドライ?ウェット?香りが食欲をそそる宮津カレー焼きそば3軒

ドライ?ウェット?香りが食欲をそそる宮津カレー焼きそば3軒

最終更新日 : 2015/07/14

この記事をシェアする

  • LINEで送る
塩崎省吾
塩崎省吾さんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

丹後半島の東の付け根、天橋立で有名な京都府の宮津市では古くからカレー焼きそばが食べられてきました。発祥とされる中華料理屋「平和軒」は1990年頃に閉店してしまったそうですが、いまなお宮津市内や周辺地域では多くの店がカレー焼きそばを提供しています。

今回はその宮津カレー焼きそばの代表的なお店を2軒と、元祖の味に近いと言われている店1軒をご紹介します。

だいせん - 昔ながらの鉄板焼店でドライタイプのカレー焼きそばを

ドライ?ウェット?香りが食欲をそそる宮津カレー焼きそば3軒

ドライ?ウェット?香りが食欲をそそる宮津カレー焼きそば3軒

1軒目は昭和51年創業の鉄板焼き店・だいせんさん。品が良い女将さんが切り盛りする昔ながらのお好み焼屋さんです。

宮津カレー焼きそばの宮津カレー焼きそばはドライとウェットの2タイプに大別されるのですが、こちらはドライタイプを代表するお店。メニューの「カレーそば」がカレー焼きそばに当たります。

コシのある中太麺と豚肉・モヤシ・キャベツを鉄板で炒め、甘口ソースとカレーパウダーで味付け。見た目は普通の焼きそばですが、ピリッと利いたスパイスが刺激的で食欲をそそるんですよ。

周辺の街並みも味わい深いので、ついでに散歩してみることをオススメします!

紹介しているお店はこちら!

藤木食堂 - ウェットタイプのカレー焼きそばを食べられる昔ながらの食堂

ドライ?ウェット?香りが食欲をそそる宮津カレー焼きそば3軒

ドライ?ウェット?香りが食欲をそそる宮津カレー焼きそば3軒

2軒目は藤木食堂さん。1軒目のだいせんさんから徒歩3分程度のご近所にある食堂で、こちらは宮津カレー焼きそばのウェットタイプを代表するお店。

うどん・そば・丼物・カレーなどが並ぶメニューの中、「カレー入焼きそば」と名付けられたのが目当ての品。麺は柔らかい中細の中華麺で、カレー風味のとろっとしたスープに浸った状態で供されます。

辛さはそれほどでなく、うどんやそばに合いそうなカレースープで、ソースだろうかほんのり酸味も感じます。聞けば茹でた麺を具と一緒にカレースープで炒め煮しているとか。ちゃんと焼いてあるのかは微妙ですが、元祖の店はむしろこういうタイプだったようです。

宮津市内にはほかにもカレー焼きそばを提供している店があり、地元有志が作成した地図もネットや観光案内所で入手できます。宮津を訪れた際はぜひ、天橋立のついでにドライタイプとウェットタイプのカレー焼きそばを食べ比べてみてくださいませ。

紹介しているお店はこちら!

楓々亭 - 元祖の味に一番近い? 京丹後市のラーメン店

ドライ?ウェット?香りが食欲をそそる宮津カレー焼きそば3軒

ドライ?ウェット?香りが食欲をそそる宮津カレー焼きそば3軒

最後に紹介するのは宮津の西隣・京丹後市にある楓々亭さん。国道312号線沿いに店を構えるラーメン屋さんです。

こちらの店主が元祖の店・平和軒と交流があり、お互いに出入りする間柄だったとか。そのためかラーメン屋なのですがカレー焼きそばも置くようになりました。ここのカレー焼きそばが元祖の味に最も近いと言う声もあるようです。

写真を見ての通り、分類としては明らかにウェットタイプのカレー焼きそばです。中細・低加水でコシがある麺を使い、ヒタヒタのカレースープはラーメン屋ならではのコクのあるスープがベースになっています。野菜の甘味も程良く加わり、スパイシーながらもマイルドな味わいなんですよ。

宮津市街からは少し距離がありますが、宮津カレー焼きそばのルーツに興味のある方は、ぜひこちらへも足を延ばして欲しいなあと思います。

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2015/07/14に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    カテゴリ

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる