メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん
名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

最終更新日 : 2017/09/26

この記事をシェアする

  • LINEで送る
うっし~
うっし~さんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

創業明治中期、四国霊場第76番金倉寺門前、レトロなうどん店「はなや食堂」

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

創業が明治中期という、昭和の雰囲気が感じられるレトロな店構えの 「はなや食堂」 さんです。

 

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

昔ながらの佇まいの店内は三人のオバちゃんが切り盛りされています。

カラフルな毛糸のシートカバーが着けられた椅子のカウンター席。

右側の奥まった所にはテーブル席もあります。

食堂と名の付くお店ですが、製麺機を使って自家製麺を提供されております。

 

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

メニューはこんな感じで、一般店ながらめっちゃリーズナブル!

 

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

ちょうど天ぷらを揚げられていたところ。

これが「はなや食堂」名物 「幸せの黄色い天ぷら」 です。

この天ぷら衣が黄色っぽい感じですが、こちら中讃地域では昔から天ぷらの衣に色粉を混ぜ合わせ揚げる風習があるそうです。

 

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

さて、この長さ20センチ以上ある黄色い天ぷらは、いったいナニでしょうか?

ゲソ天とは違いますよ~

 

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

長細い黄色い天ぷらの正体は「手長ダコ」の天ぷらです。

右側の丸いのが頭で、左に伸びる頭の五倍ぐらいあるのが「手?」です。

あれ?全部「手」なんですか? 「足」もあるんじゃないの? という事は「手足長ダコ」になっちゃいますね~(笑)

ハサミでチョッキンチョッキンして、皆さんにお裾分け、揚げたてのタコ天はめっちゃ美味しかった~

特に「頭?」の中にある「内臓?」「脳味噌?(笑)」は、トロ~リ苦味と旨味があって大人の味です!

ああぁぁ~お酒が欲しくなります(笑)

 

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

いただいたうどんは、熱いうどんに熱いかけ出汁の「かけうどん」

「かけうどん」といっても、蒲鉾二枚と小さなお揚げがトッピングされています。

ホンマ、これ一杯が200円とは・・・・・・・

透き通った綺麗な黄金色の熱々のお出汁は、ほんのりとイリコ風味で少し甘目の味付けでしみじみと美味しい~

 

名物「幸せの黄色い天ぷら」が旨い!明治中期創業のレトロなうどん屋さん

「手長ダコの幸せの黄色い天ぷら」はハサミで切り分けてご同行者とシェア。

さすが茹で立のうどんは、小麦の風味良く弾力があって適度なコシもあってめっちゃ美味しい!

 

歴史を感じる昔ながらの佇まいのお店で、優しい味わいの昔ながらのうどんをいただける幸せ。

あぁ~美味しかった~! 大満足 !!!

 

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2017/09/26に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    カテゴリ

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる