メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘
パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

最終更新日 : 2015/10/08

この記事をシェアする

  • LINEで送る

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

食欲の秋です。

暑い時には出来るだけさっぱりとした物が食べたいですが、段々と寒くなってくると、重ためのものもウェルカム状態になりますよね。

季節もよくなってきたし、お散歩がてら美味しいものを買いに行きたい!!

今回はそんな方にピッタリな、世界初のヴィエノワズリーの専門店をご紹介しましょう。

場所はスイーツの聖地、自由が丘にあります。

パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

「RITUEL par Christophe Vasseur 自由が丘 (リチュエル パー クリストフ バスール)」。

2015年8月にオープン。パリで有名な「デュ・パン・エ・デジデ (Du Pain et Des Idees)」のオーナーシェフ、クリストフ・ヴァスールさんが手掛ける、世界初のヴィエノワズリー専門店です。

お店は洋服屋さんの一階にあって、いかにも「パン屋さん」という構えではありません。申し訳程度の看板が外に掲げられている程度ですから、ガラス張りの店内を見て初めてそれだと分かります。

外からでは商品はよく見えないので、早速中に入ってみました。

パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

入口すぐのところにオープンキッチンがあって、作っているところを見ることができます。魔法のように形作られていくパンの姿をみるのは、パン好きにはたまらない光景です。時間があったら、ずーっと見ていたいところですが、それはこの次に。

パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

その先にお目当てのヴィエノワズリーがずらーり!!見目麗しいパンの数々に一気にテンションMAXです。

まず最初に目に留まるのは、きれいなフォルムのクロワッサン。

 

パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

その奥に、こちらの看板商品のエスカルゴがあります。クロワッサン生地にフレーバーを巻き込んで、それをカットして焼き上げたものです。その断面がエスカルゴに似ていることから命名されたようです。

対面式の販売で、お店の方が取ってくれるシステム。オーブンの場所によって焼き色が変わってくるので、好きな焼き色を選ばせてくれるのはすごく有難いです。お店の方と相談しながら、ハンサムな子を買って帰ってきました。

パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

エスカルゴは4種類のフレーバーが展開されています。全部は流石に無理なので、その中から一つ買ってきたのが、このショコラ・バナーヌ。イチオシはピスタチオのものでしたが、生憎苦手なので、大好きなチョコバナナを。

中にドライバナナとチョコレートを巻き込んだフレーバーです。オーブンで温め直して食べることを勧められたので、その通りにリベイクして食べてみました。

リベイクすると、クロワッサン生地がパリッとしていい感じになります。食べてみると、外側はパリパリッとして香ばしい♪中心部に行くにつれて、それがしっとり、もっちりとした食感になって、その違いがまた楽しいです。クロワッサン生地ですが、ハラハラとはあまり落ちないので食べやすく、バターをたくさん使われているにも関わらず、バター特有の重たさがなく、脂っぽさもないので、軽やかに食べきることが出来ました。

甘さも、ドライバナナの甘さぐらいですので、朝食に食べてもいいかな、と思いました。 

 

パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

こちらはプチサイズのショコラティン。いわゆるパンオショコラです。小さくてもきれいな層が作られていて、丁寧なお仕事をされているなあ、と感心しました。

こちらもサクッとした食感で、中のチョコレートはビターなので、甘すぎないところがいいです。レギュラーサイズの3分の1ぐらいの大きさなので、小腹が空いた時やおやつにピッタリだと思いました。

パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

こちらはプチクロワッサン。レギュラーサイズの半分より小さいサイズです。バターの香りは控えめですが、バターのコクはしっかりとあって、こちらも申し分ないお味でした。甘さのないプレーンなお味なので、サラダやスープのお供として食べてもいいかな、と思いました。

パン好きは訪れたい!世界初ヴィエノワズリー専門店@自由が丘

他にも、クリスティンというカスタードクリームを巻き込んだパイ生地をねじったものや、一口サイズのパイなどもあって、そちらもかなり気になるところ。種類はそう多くはないので、全種類食べてみたいですね。

季節柄、お外でパーティー、なんていう機会もあるでしょう。そんな時の手土産の一つとしていかがでしょうか?

紹介しているお店はこちら!
店名:RITUEL par Christophe Vasseur 自由が丘 (リチュエル パー クリストフ バスール)
住所:東京都目黒区自由が丘2-9-17 1F
電話番号:03-5731-8041
営業時間:月~金:10:00~20:00 土日・祝日:9:30~20:00

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2015/10/08に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる