メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
カキ氷ブームの意外な裏側とは?ツウが語る関西スイーツ事情
カキ氷ブームの意外な裏側とは?ツウが語る関西スイーツ事情

カキ氷ブームの意外な裏側とは?ツウが語る関西スイーツ事情

最終更新日 : 2015/09/11

この記事をシェアする

  • LINEで送る
メシコレ編集部
メシコレ編集部さんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

カレーやラーメン、餃子に大衆酒場など、様々なグルメジャンルに特化して食べ歩きをされている著名ブロガーがキュレーターとなり、選りすぐりのグルメ情報を毎日お届けしている「メシコレ」。今回はキュレーターの皆さんの食べ歩き事情やグルメトレンドに迫るインタビュー企画として、関西を中心にスイーツを食べ歩いているスイーツハンター月ウサギさん(以下、月ウサギさん)にお話を伺いました。
月ウサギさんは1日2スイーツは必ず食べるという自他ともに認める大のスイーツ好きで、最近は関西のみならず東京や名古屋のスイーツも食べに行っているのだとか。今回は、そんな月ウサギさんの食べ歩き事情やスイーツの魅力、関西のトレンドや特徴についてご紹介いただきました。

 

1年間で700スイーツ以上食べる生活を10年間!?驚きのスイーツライフに迫る!

●まず月ウサギさんの食べ歩きをはじめたきっかけからお伺いしたいと思います。ブログのプロフィールを見ると、1年間で700スイーツ以上食べる生活を10年間続けられていると書かれていますが、普段からどれぐらいスイーツを食べられているのですか?

全部が全部お店のスイーツを食べ歩いているというわけではなく、普通にコンビニの甘いものも含めてなのですが、1日2スイーツは平均して食べています。お昼ご飯にはだいたいケーキなど甘いスイーツを食べていますし、ミスタードーナツにもかなりの頻度通っていて、お店に入ったら「いつものですね。」って出てくるレベルなので。ブログを始める前からスイーツは頻繁に食べていて、ブログを始めて以降、意識的にカフェを周る機会が増えてきたというところです。ちなみに血糖値は標準ですよ(笑)

●1日平均2スイーツはすごいですね。その中で食べ歩きの頻度はどれぐらいなのでしょうか?
カフェやケーキ屋さんは1日にまとめて行くことが多いです。週に2回ぐらいまとめて3~4軒周るので、週に7~8軒ぐらいは食べ歩きますね。新しいお店は読者の方から紹介していただいたり、お店からも新しいメニューの情報をいただいたりすることが多いので、それらをメインに食べ歩いています。

 

●ブログを始めるきっかけは、どういったものだったのですか?
ブログは始めたのは2008年ぐらいです。きっかけとしては、昔は道の駅にもよく行っていて、奈良吉野にしか売っていない「葛ようかん」がすごく好きだったんです。それで、葛ようかんを買って職場の人や友達にもあげていたのですが、とても喜ばれて、「これどこに売っているの?」と聞かれることが多くなりました。そういう経験もあって、自分が教えていなければ知る機会がなかったスイーツを、手軽に伝えていく方法がないかなと考えているときに見つけたのが、ブログだったんです。まだ知られていないスイーツを紹介して、それを見た人が美味しそうだから行ってみようかなと思ってくれるのも嬉しいし、それでお店が少しでも活性化すれば嬉しいな、という思いでやっています。


●普段から様々なスイーツを食べ歩いていらっしゃいますが、特に好きなスイーツは何ですか?
基本的にはチョコレートが一番好きです。パンケーキにしてもカキ氷にしても、ショコラって書いてあるとつい目が行ってしまいますね。ただ、チョコレートはすごく奥が深い一方、マニアックすぎるのか、文章でその魅力をなかなか伝わりにくく、残念ながらブログではあまり反応がよくないんですよね。
ブログでアクセスがいいのは、やっぱりパンケーキですね。特に、メレンゲが入って厚みのあるふわシュワ系のパンケーキの人気は根強いです。メシコレで最初に書いたパンケーキの記事も、すごい勢いで拡散されましたしね。あと、最近はカキ氷もしつこいぐらいブログにアップしているので、徐々に見られるようになってきています。

 

カキ氷ブームの意外な裏側とは?ツウが語る関西スイーツ事情

▼メシコレ史上最高数のいいね!が付いた大人気記事を読む▼
とろける食感!大阪でオススメのふわふわ極厚パンケーキ5店!
https://mecicolle.gnavi.co.jp/report/detail/5956/

 

関西にもかき氷ブームが到来!子供の頃から食べなれているスイーツの人気は止まらない

●次に、関西におけるスイーツのトレンドについてお伺いできればと思います。地域ごと特徴や、ここ数年での関西での新しいトレンドなどはあったりするのでしょうか?

エリアごとの特徴としてよく言われているのが、洋菓子の神戸、和菓子の京都、大阪は一番バランスが取れているという感じです。エリアにおける新しいトレンドとしては、奈良のカキ氷が断然アツいですね。昔はカキ氷と言えば京都のイメージが強かったのですが、今はやっぱり奈良です。これまで奈良はスイーツをはじめグルメのイメージがあまりなかったのですが、氷を愛している神様が奉られている氷室神社があることが発端となり、カキ氷で街を盛り上げようという機運から駅前だけで既に20店舗ぐらいお店があります。東京で修行をされた方が関西でお店を出そうというときに奈良で始められる方も増えてきていますし、どのお店も氷の削り方にこだわっているので、レベルが高くて美味しいです。奈良に限らず、関西全域で今年からカキ氷のお店が目に見えて増えてきていますね。

大阪ならではというものを挙げるとすれば、やはり厚みのあるふわシュワ系のパンケーキでしょうね。ただ、全体的な傾向としては、関東で流行ったスイーツやお店が2、3年ぐらい経って関西でも流行るというところがあって、流行りものは結構似通っている印象があります。

 

●近年のスイーツのトレンドとしても、カキ氷はパンケーキに続く久々のヒットメニューになりましたね。パンケーキとカキ氷の2つには、トレンドになるための共通点があったりしたのでしょうか?

パンケーキもカキ氷も、私たちは子供の頃から食べ慣れていて(パンケーキはホットケーキとして)、かつ出てくると嬉しいちょっとした憧れのスイーツだったと思います。それが大人になった今、こういう形に進化しているのかという驚きが、人を惹きつけるのでしょうね。あとは、トッピングなどでバリエーションや変化がつけやすいことも共通している部分です。お店ごとの違いが分かりやすいので、飽きずに何度も食べたいと思えるところが強いですね。

カキ氷ブームの意外な裏側とは?ツウが語る関西スイーツ事情

●なるほど!確かにパンケーキやカキ氷を食べるときのワクワク感は、子供の頃の夢が叶ったような感覚に近いですよね。次に、関西で長くスイーツを食べ歩いているからこそ感じる、関西でスイーツを食べ歩く利点はどのようなものがありますか?

利点は主に3つあって、そこまで並ばずに食べられること、アクセスがいいこと、価格がリーズナブルなことですね。

関西で話題になるスイーツは、東京で流行ったものがやはり多いのですが、既に東京やお土産などで食べたことがあるという人も多いようで、東京ほど行列に並ばなくても気軽に食べることができます。また、お店もアクセスがいいところに集中する傾向があり、大阪なら基本的に梅田か難波に集まるので、食べ歩きもしやすいですね。東京は結構駅から離れているお店が多く、お店も色々なエリアに分かれていますが、大阪だと駅のそばに百貨店があって、話題のお店は百貨店にお店を構えていたり、物産展などに出展していたりするため、とても行きやすいんです。

価格についても、一般的に東京より大阪のほうが何でも安いと思いますが、スイーツは顕著に違いますね。東京の場合、パンケーキは1,000円からというお店が多いですが、大阪だと単品で1,000円を切る価格帯が多く、1,000円を超えるとちょっと高いという印象を持たれると思います。値段が安くてエリアに密集しているので、スイーツの食べ歩きは関西のほうがしやすいかもしれませんね。

 

美味しさを伝えるためには2度訪問!お店の紹介をする時のこだわり

●月ウサギさんにとって、思い出深いスイーツはありますか?

よく行くのは焼き菓子のお店です。特にアメリカンスイーツが好きで、天満橋にあるので「ボニーズ・ベイク・ショップ」は大阪でも珍しいアメリカンスイーツに特化したお店なので、よく通っています。オーナーさんが手作りでやられていて、毎日メニューが変わるし他のお店では提供されていない変り種のメニューも多く、いつ行っても飽きないので、週1~2回は行っていますね。ホームページに次の日のラインナップが書かれているので、興味がある方はぜひそれを見て行ってみてください。

(ブログURL: http://bonnysbakeshop.net/blog

 

チョコレート関連で好きなお店は、「なかたに亭」というショコラトリーです。こちらのお店のケーキの中でも、シングルオリジンと言って、単一の生産地のカカオを使ったクーベルチュールでチョコレートケーキがあるのですが、それが美味しいんですよ。チョコレートケーキは甘いとか重いといったイメージがどうしてもありますが、こちらのお店はフルーティで爽やかな口当たりで、感動しました。チョコレート好きの方にはお勧めのお店です。

カキ氷ブームの意外な裏側とは?ツウが語る関西スイーツ事情

「なかたに亭」公式ページ:http://www.nakatanitei.com/

 

●ちなみに、食べ歩きは主に1人で行かれているのですか?

そうですね、1人で行くことが多いです。ブログは写真に比重を置いているので、ちょっとここは本気で紹介したいなというときは、かなり枚数の写真を撮るんです。そうすると、友達と行ったらどうしても待たせてしまうので・・・。ただ、パンケーキなどは写真を撮っていると冷めてしまうから、焼き立てを食べるためにもう1回行きます。お店の方も冷めたものを食べてブログに書かれるのは嫌だと思うので、「次は熱々を食べに来ます!」と言って、早ければ翌日、遅くても数日以内に再度食べに行くようにしています。そういう時には友達も誘って行きますね

ナンバーワンよりオンリーワン!マニアックなスイーツも紹介したい

●今後のスイーツブロガーとしての目指していることはありますか?
ブロガーとしての認知度はやっぱり上げていきたいですね。あと、ブログを通してスイーツの美味しさや驚きを発信することはできるのですが、やっぱり根本的なところにあるのはみんなと共有をしたいという思いですので、ネット上だけではなくて、直接会って共有できるようなイベントなどもやっていきたいと思っています。

●最後に、メシコレの読者の皆さんにメッセージをお願いいたします。
私はナンバーワンよりオンリーワンのほうが好きで、全ての人が好きではなくても、一部の人がハマッてくれるようなスイーツを紹介していきたいという思いが強いです。先日紹介した紫のパンケーキも見た目で好き嫌いが分かれてしまいそうなのですが、去年ハワイに紫のパンケーキがあることを耳にして、日本で提供しているところがないか探していたところ、名古屋のお店で出すことを知り、それだけを食べるためにすぐに名古屋まで行ったくらいです。マニアックな方はぜひ引き続き読んでみてください。

カキ氷ブームの意外な裏側とは?ツウが語る関西スイーツ事情

▼「紫のパンケーキ」に関する記事を読む▼
こんなの見たことある!?話題の超ビビッドな紫色のパンケーキ
https://mecicolle.gnavi.co.jp/report/detail/7063/

 

いかがでしたでしょうか?パンケーキやかき氷が流行している裏側には、子供の頃の憧れがあったと聞くと確かに納得ですよね。
そのような目線で見てみると普段は気付かなかったことが見えてきてより楽しくなるかもしれません!
インタビューを読んで、月ウサギさんのことをもっと知りたいと思った方は、是非こちらもチェックしてみてください!

 

▼月ウサギさんの他のメシコレ記事を読む▼
https://mecicolle.gnavi.co.jp/curator/tsukiusagi/

▼月ウサギさんのブログはこちら▼
http://goo.gl/6fnATf

 

 

(撮影協力:bran cafe)

カキ氷ブームの意外な裏側とは?ツウが語る関西スイーツ事情

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2015/09/11に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

メシコレの最新記事を逃さずチェック!

メシコレのアカウントをフォロー

この記事もオススメ閉じる