メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
創業大正10年!新宿の老舗とんかつ屋「王ろじ」のカツカレー
創業大正10年!新宿の老舗とんかつ屋「王ろじ」のカツカレー

創業大正10年!新宿の老舗とんかつ屋「王ろじ」のカツカレー

最終更新日 : 2016/01/21

この記事をシェアする

  • LINEで送る

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

トンカツの名付け親?

創業大正10年!新宿の老舗とんかつ屋「王ろじ」のカツカレー

トンカツ自体は昔から存在していたものの

「豚肉に衣をつけて揚げたものをトンカツと呼んだのはこの店が最初」

という説もあるこちらのお店。

創業が大正10年ですからね、老舗の多い新宿においてもかなりの古株です。

 

トンカツのお店ですが、意外にもランチタイムのメニューは至ってシンプル。

 

創業大正10年!新宿の老舗とんかつ屋「王ろじ」のカツカレー

単品メニューもありますが、食事の基本のメニューはこれだけ。

 

懐具合も当然考慮するでしょうが、このメニューを見れば大半の客は、このお店の名物

「とん丼」

をオーダーするのは当然の流れです。

 

トンカツ屋の丼≠カツ丼ではない

トンカツ屋でオーダーする丼といえば、普通はカツ丼と思いますよね?

でもこちらのこの丼は

「カツカレー」

創業大正10年!新宿の老舗とんかつ屋「王ろじ」のカツカレー

このお店オリジナルの丼(下の皿と丼がくっついている)に、これまたオリジナルのインディアンカレーがかけられ、さらにその上にソースのかかったオリジナルのトンカツが3切れ乗ってきます。

 

 パッと見は全体的に小さく感じますが、ボリュームはしっかり1人前あります。

創業大正10年!新宿の老舗とんかつ屋「王ろじ」のカツカレー

まずはトンカツ。

豚ロースから脂を丁寧に切り取った肉を筒状にして揚げられています。

1cm以上の肉厚ながら柔らかくてジューシー。

脂身がない分だけ軽く、ペロッといただけちゃいます。

 

カツの上からカレーをかけているお店が多い中、このようにソースベースのトンカツとカレーを別々に味わえるのは嬉しいです。

 

そのカレーもこのお店オリジナル。

スパイスを効かせながらもエスニックではなく和風、日本人に馴染みやすい味に仕上げられています。

 

ご飯も意外に丼の中に入っています。

 

1000円で食べるオリジナルのカツカレー、大型チェーン店にはない味が楽しめます。

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2015/07/31に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

都道府県

メシコレの最新記事を逃さずチェック!

メシコレのアカウントをフォロー

この記事もオススメ閉じる