メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』
ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

最終更新日 : 2019/05/20

この記事で紹介するのは…東京都でオススメの『かるかや』西武池袋本店(東京都豊島区南池袋1-28-1西武池袋本館9F屋上)について紹介しています。西武池袋線・新宿線沿線事情に詳しいまるしさんがおすすめのメニューなど詳細にレポートしています。

この記事をシェアする

  • LINEで送る
まるし
まるしさんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

西武グループの総本山と言ってもいい西武池袋線の池袋駅。最近では新しい本社ビルが話題でもありますが、池袋と言えば今も昔も「東は西武で西東武♪」。その東口にある西武百貨店。

昭和の時代はごちゃついた屋上遊園地だった微かな記憶があるのですが今では落ち着く空間に生まれ変わっています。その名も「食と緑の屋上庭園」。

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

緑たっぷりの空間にいくつかのお店がフードコートのように連なっています。その中でもランチタイム中ずっと行列のできているお店がこちらです。

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

昭和43年からここ西武百貨店でうどんを販売している『かるかや』。地下の店舗では生麺を販売していますが屋上庭園ではその麺をその場でいただけます。

ちなみに「孤独のグルメ」の漫画版にも登場していますが屋上庭園ができる前の、私の微かな記憶にも繋がる雑踏な雰囲気がそのまま描かれていました。

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

まずは一番シンプルな「もりうどん」から。

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

もりですからね、シンプルです。売り場に七味とすりゴマは置かれているのでお好みでそれらをふりかけていただきます。

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

なかなかの太さで迫力があります。食べる前はガシガシ系の武蔵野うどんをイメージしていましたが食べてみるとそこまでコシがあるわけでもありませんでした。武蔵野うどんや一般的な讃岐うどんよりはコシは弱めで誰にでも食べやすい感じに仕上がっています。

こちらは店名を冠した「かるかやうどん」。油揚げ、蒲鉾、鰹節の乗った(生卵は追加トッピング)ものです。温だけでなく冷も選べますがこのときは温かいほうで。

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

関西風のような透き通っためんつゆです。讃岐うどんのようなイリコの強烈な香りもしない至ってシンプルな誰にでも受け入れられるものですね。

最後に卵、油揚げ、揚げ玉、山菜も入りボリューム満点の「スタミナうどん」。

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

何を選んでもめんつゆやトッピングがあまり主張してこないため、うどんそのものの味をダイレクトに味わえます。

冬はストーブがたくさん置かれるので思ったほど寒くないのですが真夏はさすがに辛いでしょうね。ランチタイムだけでなくディナータイムもOK(ラストオーダー19:30)、これからの季節が昼も夜も利用できるちょうどいいタイミングかと思います。

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2019/05/20に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる