メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α
銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α

銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α

最終更新日 : 2016/01/25

この記事をシェアする

  • LINEで送る
東京のむのむ
東京のむのむさんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

7月になり、暑さも本格化してきましたが、暑さにぐったりしたり、冷たいものを飲み過ぎたりして、食欲をなくしていませんか? そんな貴方に贈る冷たい夏の麺特集。銀座界隈で食べられる選りすぐりの麺を6つ(とおまけ)、ご紹介します。

見た目も喉越しも夏仕様!これこそ、庶民派の夏そば

銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α

日本橋の老舗鰹節問屋が直営する立ち食いそば「そばよし」の京橋店。ここでこの時期限定で登場するのが、長いもそば。「とろろ」ではなく「長いも」というのは、すりおろしたものではなく、極細の千切りにしたものだから。その細さと粘りが絶妙で、ツルツルと調子よく啜り上げると、出汁の冷たさとふくよかな鰹の香りが清涼感を運んでくれる。

もう一つの特長は、長いもの上に載った青唐辛子と青紫蘇の漬物。ツンとした唐辛子の香りと、爽やかな紫蘇の香りが何ともいいアクセント。

シンプルだが、これ以上何もいらないと思う完成度。これで、450円というのだから、一度は食べておくべき。

紹介しているお店はこちら!

グリーンカレーも絶品!老舗稲庭うどん店のタイ風グリーンカレーつけ麺

銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α

創業1860年の稲庭饂飩の老舗、佐藤養助商店。その直営レストランの銀座店で食べられるのが、タイ風グリーンカレーつけ麺。老舗が流行に媚びたと思いきや、グリーンカレーはかなりの本格派で、しかもナンプラーの代わりにしょっつるを使うという郷土愛も忘れない。つやつやでしなやかなうどんをやや濃いめのカレーに浸してつるり。すると、心地よい喉腰に、追いかけるような辛みとココナッツミルクの甘さと香り。冷たくて辛い、まさに夏の麺。

紹介しているお店はこちら!

熱々なのに冷たい?!温度感が絶妙な冷やしカレーそば

銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α

銀座、泰明小学校近くにある、その名も泰明庵。気軽な街のそば屋さんといった雰囲気で、壁一面にメニューが書かれた短冊がずらりと並ぶ。というのも、ご常連さんからのリクエストに応えていたら、メニューが増えてしまったそうだ。

それでも書ききれず、短冊はないのに人気メニューというものもあって、その一つが「冷やしカレーそば」。冷たいそばに、熱々カレーをかけたもので、何がいいって、冷たいそばが熱いカレーを潜った絶妙な温度感。いわゆるヒヤアツ。夏だ!カレーだ!と思うけれども、でも熱くて汗をかくのは……という方にもおすすめだ。

紹介しているお店はこちら!

山形名物!冷やし地鶏そば

銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α

埼玉県の熊谷に最高気温記録を抜かれるまでは、日本一暑い県だった山形県。そのため、夏を乗り切るための独自の冷たい麺料理が県内各地で生まれ、親しまれているらしい。冷たいかけ汁で食べる肉そばもその一つだ。銀座にある「山形田」の蔵王冷やし地鶏そばは、しっかりと噛みしめることを要する太くて色黒の田舎そばと、引き締まって旨みがギュッと詰まった薄切りの鶏肉に、清涼感をもたらす三ツ葉。噛めば噛むほど溢れる旨みがクセになる。

紹介しているお店はこちら!

辛い!旨い!ビビン麺

銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α

暑い時期に冷たい麺が食べたくなるのは、日本も韓国も同じらしい。銀座にある韓国料理店「EIKO」のビビン麺は、こんなに見事な赤い色。食べてみると、色から想像するよりも辛くなく、酸味が程よくて好いな――と思っていたら、中盤になってくると舌はビリビリしっかり辛い。けれども、合えダレに旨味もしっかりとあるから、「辛いー!旨いー!」と箸が進んでしょうがない。ゆで玉子にトマト、胡瓜、大根の酢漬けとシンプルだが、辛味によく合う具が揃い、麺の量もたっぷりで大満足。辛いのが苦手な方には、トマト冷麺や、韓国冷麺もおすすめだ。

紹介しているお店はこちら!

宮崎名物冷汁とそばが出会った!鯵の冷汁そば

銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α

銀座界隈でひんやり麺を食べるならココ!選りすぐりの6店+α

築地にある布恒更科で食べたいのは、宮崎名物の冷汁をつけ汁にした冷やしそば。啜ると躍動的に踊るそばに合うよう、濃厚に作られた汁は、顔を近づけると、ふわりと焼いた鯵と味噌の香り。これにそばをつけ啜ると、今度は茗荷や紫蘇、胡瓜の爽快な香りが鼻腔を抜け、一気に涼やかに。焼いた鯵もゴロンと入って、鯵の風味だけでなく、しっかりと食べて楽しめるというのも嬉しいところ。

この冷汁と双璧を成す夏の人気メニューが、冷やしすだち。見た目にも涼しげで、汁の冷たさに、酢橘の香りに涼が宿る。

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2015/07/13に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる