メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒
2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

最終更新日 : 2018/03/13

この記事で紹介するのは…神奈川でオススメのラーメンについて紹介しています。『中華そば 笑歩(ちゅうかそば えふ)』、『麺や 空月(めんや そらつき)』、『ナルトもメンマもないけれど(なるともめんまもないけれど)』、『徳島NOODLE ぱどる(とくしまぬーどる ぱどる)』、『麺や でこ(めんや でこ)』などの有名店・人気店をまとめました。

この記事をシェアする

  • LINEで送る
山本剛志
山本剛志さんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

 人気ラーメン店が多い東横線沿線は、いつでも見逃せないエリアです。今回は、横浜市と川崎市の東横線沿線で、新規オープンやリニューアルなど、新しい動きを見せたラーメン店を紹介します。食べ歩いてみて、あなた好みの味を探してみてください。

1、【綱島】名店で味を磨いた、じんわりと旨み広がる中華そば!「中華そば 笑歩」

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

 綱島駅から徒歩10分ほどのこの場所にあった「もりの中華そば」が、2017年に惜しまれつつ閉店。その場所を継いだのは、荏原中延の名店「多賀野」で兄弟弟子だった方。

 「中華そば」の澄んだスープは比内地鶏などのブランド鶏を用いていて、煮干が丁寧に香り、じんわりとした旨みが広がる。自家製の中太ストレート麺は全粒粉を加えていて、するすると啜った後に小麦の存在感を舌に残していくタイプ。しっかりした味付けをしつつ、スープに馴染むチャーシューやメンマなど、具にも手抜かりはない。

 

紹介しているお店はこちら!
店名:中華そば 笑歩
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西3-22-14
電話番号:045-717-7622

2.【綱島】鯛の香りと旨みがまろやかな白湯スープに!「麺や 空月」

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

 「中華そば 笑歩」の目の前に店を構えているのが、2017年に開店したこちら。「鯛白湯」「鯛清湯」「鶏清湯」と、3種類のスープをメニューに並べているが、まず食べてみてほしいのが「鯛白湯 しお味」

 鯛の香りと旨みがスープから漂ってくるだけでなく、海苔の上に置かれた鯛のすり身を加えればまろやかさが加わり、大葉に乗せた練り梅を混ぜればさっぱりとする。

 2種類のチャーシューを乗せていて、飽きさせない工夫は具にも凝らされた一杯。

 

紹介しているお店はこちら!
店名:麺や 空月
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西3-27-3

3.【元住吉】個性と美味しさが掛け合わされ、奥深い味のスープに!「ナルトもメンマもないけれど」

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

 2016年に開店した、ユニークな名前を掲げた新店。「塩らーめん」は、鶏ガラと鶏節をベースに、野菜や豚ひき肉などを加えたスープが独特の滋味に溢れた一杯。ピーマンの香りをアクセントにして、唐辛子やハーブを使った赤いタレや、フライドオニオンがスープに流れる事で、味が徐々に変化していく。

 もう一つの人気メニューが「カレーラーメン」。すっきりしたスープに豊富なスパイスが使われ、じんわりとした辛味と香りが広がる独特の味わい。マッシュルームなどが入ったミートソースがカレーにマッチし、ここでもピーマンの香りがアクセントになっている。

 これまで、別店名による二毛作営業を行ってきたが、2018年2月からメニューと店名を統合したので、様々な味をいつでも楽しめます。

 

紹介しているお店はこちら!
店名:ナルトもメンマもないけれど
住所:神奈川県川崎市中原区木月住吉町4-19
公式Twitter:https://twitter.com/narutomomenmamo
Facebookページ:https://www.facebook.com/NARUTOmoMENMAmo

4.【元住吉】徳島の味わいを煮出した、まろやか豚骨醤油ラーメン「徳島NOODLE ぱどる」

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

 2017年7月、元住吉のブレーメン通りから見える場所に開店した明るい雰囲気の店。ご主人の出身地である「徳島ラーメン」を看板に掲げている。豚骨醤油ベースのスープは、臭みはないがまろやかな旨みがしっかりと感じられる。ラーメン作りの間にスープをかき混ぜているだけあって、濃厚さに磨きがかけられている。しっかり茹でた中太麺は、京都の人気製麺所「麺屋棣鄂」製。


 具には徳島ラーメン特有の豚バラ肉が乗り、徳島では多くの店でトッピングアイテムになる「生卵」も別皿で提供。スープに混ぜてもよし、豚バラ肉に絡めて食べるもまたよし。


 更に、ランチタイムはライスか味付玉子半分のサービスあり。ライスに豚バラ肉を乗せて、スープをかけて食べても楽しい。

 

紹介しているお店はこちら!
店名:徳島NOODLE ぱどる
住所:神奈川県川崎市中原区木月3-13-30
公式Twitter:https://twitter.com/noodle_paddle
公式Instagram:https://www.instagram.com/tokushimanoodle_paddle/

5.【新丸子】煮干ラーメンにリニューアルして注目度アップ!「麺や でこ」

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

2018年春!横浜・川崎の東横線沿線でマニアが注目するラーメン店5軒

 2014年に開店した「麺やでこ」。開店当初はあっさり澄んだ淡麗系ラーメンを提供していたが、2017年にリニューアルして、煮干しラーメン専門店に(写真は「味玉追い煮干しそば」)。

 うっすら濁らせたスープには煮干しの苦味や甘みも出ていて、ツルツルした細麺の食感も独特。流行りを意識しつつも、オンリーワンを目指す姿勢を持った一杯です。

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2018/03/13に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    カテゴリ

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる