メシコレのアプリができました!
食通厳選の本当に良い
お店の記事を毎日配信
開く
ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング
ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

最終更新日 : 2018/03/22 PR

この記事をシェアする

  • LINEで送る
メシコレ編集部
メシコレ編集部さんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

ジューシーなソーセージやカリカリのシュニッツェルなど、食べごたえ抜群の肉料理が揃うドイツ料理。イタリアンや中華と比べるとまだまだ馴染みがないように感じるかもしれませんが、実は日本人の口に合う料理が多く、ビールとの相性も最高なんです。

そんなドイツ料理をカジュアルに楽しめる店が、2018年1月、新宿にグランドオープン。開店以来、早くも人気を集めている『SCHMATZ-シュマッツ-ビアダイニング新宿3丁目』をご紹介します。

ビールは嬉しい650円均一。8種のドイツビールからお気に入りの一杯を見つけよう

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

常時全8種のドイツビールを生で楽しめるのが『シュマッツ』の魅力。さらにそのうち5種はシュマッツでしか飲めない国産オリジナルドイツビールなんです。

東京近郊のブルワリーから直送されたビールはどれもフレッシュで、最高の状態でいただくことができます。日本国内で醸造されていますが、500年の歴史をもつドイツの“ビール純粋令”に従ってつくられたれっきとしたドイツビールです。

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

8種のビールのうち、最初の一杯にぴったりなのは「カンダクラフト」(写真中央)。ゴクゴクと喉を鳴らして飲みたくなるようなキレのいい味わいが特徴です。

続いて選ぶべきは「新宿シュタルクビア」。都内近郊に6店舗を展開する『シュマッツ』でも、新宿3丁目店でしか味わえない(2018年3月現在)特別な一杯です。ペールエールスタイルで、口当たりがよく、しっかりとしたコクがあります。

ポーターと呼ばれるスタイルの黒ビール「ハッフェンストッフ」は、まるでコーヒーのような香ばしい香りが心地よい一杯。

ビールはすべて650円均一(360ml)です。どれを選べばいいか悩んだら、好きなビールを3種チョイスできる「ビアテイスティング (1,100円)」 がおすすめです!

カリカリのカツにとろ~りチーズ! スナック感覚で食べたい「シュニッツェル」

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

はじめの一杯を選んだら、いよいよ“ドイツめし”をチョイス。ハズせないのが「シュニッツェル」です。

シュニッツェルは、豚肉を薄く叩いて作られる、いわばドイツ版のトンカツ。日本のトンカツと比べるとパン粉の粒子が細かく、カリッカリの食感がついとまらなくなる美味しさです。

今回は、オーソドックスなシュニッツェルにトマトソースとチーズをプラスした「シュニッツェル・パルミジャーナ(1,380円)」をオーダー。

さっぱりとしたトマトソースととろ~りチーズをたっぷりと絡めて頬張れば、豚肉のうまみがじゅわっと口のなかに広がります。

見た目よりあっさりしているので、スナック感覚でいただきましょう!

甘口のカレー風味ソースが食欲に火をつける!ご当地フード「絶品カリーヴルスト」

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

“ドイツめし”といえばソーセージも大定番。なかでも、カレー風味のソースがたっぷりとかかった「絶品カリーヴルスト(600円)」は、ベルリンのご当地フード。

スモーキーなソーセージに、野菜の甘みがまろやかなカレー風味のソースを絡めていただきます。

ナイフをいれるとパリッと皮がはじけ、肉汁が滴ります。熱々のまま頬張って冷えたビールを流し込めば、もう「幸せ」以外の感想がありません(笑)。

カレーソースとソーセージからあふれた肉汁を余すことなく楽しむには、「フライドポテト(+300円)」の追加もマストです!

SNS映え間違いなし!思わず写真に撮りたくなる春限定メニューはオーダー必須

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

エディブルフラワーがあしらわれた「お花畑のシャルキュトリボード(1,780円)」「さくらビール(700円)」は、3月16日から4月15日までの春限定メニュー。

「さくらビール」はエーデルピルスをベースに使ったビアカクテル。ほんのり桜色に染まった泡にエディブルフラワーがあしらわれた、SNS映え間違いなしのドリンクです。泡からふわっと香る桜の香りに、小さな春を感じられます。

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

「お花畑のシャルキュトリボード」は、生ハム、サラミ、ジャーマンピクルス、自家製ザワークラウト、ベリーソースを盛り合わせた一品。

サラミと生ハムの下には、トルティーヤ生地をベースに作られたドーム状のクラッカーが仕込まれているので、思い切ってハンマーで叩き割っていただきましょう。

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

ボードのどこかに隠されたフォーチュンクッキーを探すお楽しみも。ハンマーを握った人が割って、本日の運勢を占ってみるのも面白いですね!

平日はセットビールが300円。ランチでもお得に“ドイツめし”を楽しもう!

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

『シュマッツ』はランチタイムも見逃せません。ランチタイムの一番人気は「ジャーマンタコライス(980円)」。タコライスにスライスしたソーセージが入った、シュマッツオリジナルの“ドイツめし”です。パリパリのトルティーヤ生地を割りながら豪快に混ぜていただきましょう!

また、平日のランチは各種ビールを300円で楽しめるのも魅力的。サクッとお得にドイツめしを楽しめる平日のランチタイム、絶対に抑えておきたいですね。

ビールがすすむドイツ肉料理を気軽に満喫!新宿で話題の新ビアダイニング

新宿駅近くで本格的な“ドイツめし”をカジュアルに楽しめる『シュマッツ』。週末は混雑するため、席のリザーブがマストです。

仲間とわいわい、ドイツスタイルのビールとドイツめしを楽しみたい日にぜひ覚えておきましょう!

紹介したメニューはこちら!
・シュマッツオリジナルビール カンダクラフト、新宿シュタルクビア、ハッフェンストッフ(レギュラー650円、ラージ950円)
https://r.gnavi.co.jp/a0sdgtj30000/drink/

・シュニッツェル・パルミジャーナ(1,380円)
・「絶品カリーヴルスト(600円)」
・「お花畑のシャルキュトリボード(1,780円)」
・「さくらビール(700円)」
https://r.gnavi.co.jp/a0sdgtj30000/menu6/

・「ジャーマンタコライス(980円)」
https://r.gnavi.co.jp/a0sdgtj30000/lunch/
※価格はすべて税抜です

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2018/03/22に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    カテゴリ

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー