メシコレからのお知らせ
開く
全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い
全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

最終更新日 : 2017/01/10

この記事をシェアする

  • LINEで送る
Jaffa
Jaffaさんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

熊本の田舎町にナポリピッツァ研究所があります

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

熊本空港から熊本市街地に行く途中の山間の温泉町「菊池」にひっそりと建つピッツェリア。
しかし、全国のピッツァ職人の間ではかなり名前の知られたお店です。
店名に「ナポリピッツァ研究所」と付いてるように、オーナーのマー君こと原田将和氏は、ピッツェリア出の修業経験なしに雑誌や本、食べ歩きなどの独学でナポリピッツァを学び、自分で薪窯の設計と制作までしてしまった究極の通信教育ピッツァイォーロです。(^_-)-☆

究極の自家製にこだわる

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

お父さんと猟に出て、鉄砲でイノシシを撃って自家製ハムやベーコンにしたり、野菜類もなるべく自家栽培や地元のものを使う自給自足は立ち止まることを知らずに、モッツァレラやリコッタなどのチーズまで作り始めました。最近では都内でも人気のイタリアンのシェフが、わざわざ原田君のモッツァレラチーズを取り寄せて使うほどのレベルに達しました。写真で冷蔵ケースに入っているのが既に商品としても人気の自家製モッツァレラチーズ「ペルラ・ディ・ラッテ」です。
現代は、なんでも学校や専門学校、そしてお店で苦労なしに学べる時代ですが、苦労をして覚えないとなかなか身に着きません。
彼は全部自分で試行錯誤しながら、失敗しては改良していく研究者のようなタイプです。
時間はかかるけど、失敗も経験としてプラスにするパワーを持ってる人だと思います。
今では「粉」も熊本産にこだわり独自のブレンドで生地作りをしています。
訪問するたびに見違えるほど進化していくピッツェリアがこのイルフォルノドーロなんです。

いつも満席の人気店

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

今回は開店早々の到着で店内撮影出来ましたが、あっと言う間に満席になりました。
場所は熊本の繁華街ではなく、熊本空港から熊本市街地に向かって30分ほど車で走った山間部なのにこの人気は流石です。
地方都市のピッツェリアでは珍しくパスタを置かないという、ナポリのピッツェリアと同じスタイルを通しています。サイドメニューでは、フレッシュなサラダや自作の薪窯で焼いた肉が旨いですよ。

自家栽培野菜と自家製モッツァレラのサラダ

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

初めに「ペルラディラッテ」と「リコッタチーズ」を使い、地元の野菜をたっぷり使ったサラダを頂きましょう。これがまた最高に旨い!!!
元気な野菜と出来立てのモッツァレラチーズのコンビネーションは抜群です。

1枚目はマリナーラ

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

小麦の配合まで自分で試行錯誤して決めている生地で一枚目はマリナーラ。
オレガノは、珍しくフレッシュなものを使っているそうです。
最近はチーズ職人の世界にはまっているオーナーの原田氏ですが、今回は自らの手で焼いてくれました。

2枚目は黄金のビスマルク

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

そして驚きの2枚目がこちらです。
菊池のブランド豚「走る豚」の牧場で生み出された卵は、餌に黄身を濃くするパプリカなどの飼料を混ぜないので、自然なレモンイエローの黄身が特徴です。
延ばした生地に自分で作った絶品のモッツァレラ「ペルラ・ディ・ラッテ」を贅沢にトッピング。
更に自家製リコッタチーズと自分で撃った猪で作ったベーコンをトッピングします。
(この日は、猪ベーコンがなかったので通常のベーコンで代用してます)
自作の薪窯の中でじっくりと焼き上げますが、隣にフライパンを置いて、半熟目玉焼きを作っています。
目玉焼きを乗せて、黒胡椒とペコリーノロマーノチーズをたっぷりかけて、トリュフオイルを目玉焼きにちょっとかければ見事に完成です。
この生地の感じといい、味わいといい、絶品でした。
目玉焼きの表面をちょっと崩してあげると「黄金のビスマルク」が完成です。まさしくチーズを楽しめる素晴らしいピッツァでした。

デザートとカフェまで満足

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

全国の職人が注目!「究極の自家製」に拘ったナポリピッツァ研究所が凄い

ドルチェはリコッタチーズケーキやジェラートなど自家製の美味しいのが揃ってます。
以前訪問したときはエスプレッソもまだまだだったのに、今回はマシンもしっかりしたものを導入していて、バリスタも顔負けの素晴らしいカプチーノを淹れてくれました。
通常、食後はエスプレッソだけですが彼が練習していたのを知っているので敢えてカプチーノを注文しました(笑)。しっかりしたエスプレッソを淹れてミルクをフォーミングしてから慣れた手つきでカプチーノを作ってくれました。
会うたびにどんどん新たな世界にチャレンジして、次々と完成していく「ナポリピッツァ研究所」の原田将和氏からは目が離せませんよ。
この「黄金のビスマルク」を食べるために、熊本に行きたいとすら思いました。

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2016/12/20に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる