メシコレからのお知らせ
開く
わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店
わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

最終更新日 : 2017/10/24

この記事で紹介するのは…茨城でオススメの『ピッツェリア コゾー(ぴっつぇりあ こぞー)』(茨城県久慈郡大子町袋田2698−5)について紹介している記事です。ナポリピッツァ事情に詳しいJaffaさんがおすすめのメニューなど詳細にレポートしてくれています。

この記事をシェアする

  • LINEで送る
Jaffa
Jaffaさんを
フォローして更新情報をチェック!

メシコレ アカウントをフォローして
メシコレの更新情報をチェック!

日本三名瀑「袋田の滝」と天然温泉

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

日本三名瀑に数えられ、紅葉の名所としても知られる「袋田の滝」へは、都内から車で3時間近くかかりますが、休日の日帰りドライブとしてはちょうど良い距離だと思います。
そんな袋田の滝の近くには、いくつかの天然温泉や道の駅、産地直売所などもあって、つい寄り道したくなるスポットがいっぱい。
特に今回ご紹介する「PIZZERIA KOZO(ピッツェリアコゾー)」は、地元の食材を使ったこんにゃくや、ゆばの直売所「こんにゃく関所」の敷地内にある本格的なナポリピッツァが食べられるお店です。

大自然の景観を眺められるピッツェリア

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

深い緑に包まれた山の中にあるお店が、こんな本格的なナポリピッツァの店だと言うことに驚きます。
事前にネットで調べたところ、窯の写真でナポリの名工「マリオアクント社」のボルカーノエクストラが設置されていることと、煙突はナポリピッツァの薪窯用の煙突では特に有名な宮村浩樹氏が率いる「MIYAMURA WORKS」の施工になっていたので、これはかなりこだわりを持ったピッツァ職人に間違いないと思いました。
今回、食通の友人達と「リフレッシュを兼ねた大人の遠足で遠出をして、旨いナポリピッツァを食べに行こう!」と話していた時に、真っ先にこの店を思い出しました。
東京からドライブしてランチで旨いナポリピッツァを食べ、温泉や袋田の滝を楽しんで帰るコースは、大人の遠足としてちょうど良い距離だと思います。

前菜は地元の野菜を中心に!

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

店内に貼られたメニューには写真入りのものがあって、地元のお年寄りや家族連れにも分かりやすい工夫をしています。
ドリンクでは、砂糖不使用の「奥久慈りんごのスムージー」がかなり美味しくて驚きました。
自家製のこんにゃくを使ったオリジナルスムージーは、こんにゃくのなめらかな食感と、地元の奥久慈りんごの自然な甘さが旨い!
イタリアから直送したモッツァレラチーズと、地元のトマトで作るカプレーゼや、地元で採れたての野菜をたっぷり使ったサラダが、味の濃い元気な野菜だからとっても美味しいですよ!!

1枚目はマリナーラから

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

サラダを食べ終わる頃に、ピッツァイオーロの高村さんがピッツァを作り始めました。
大阪の「アプリコート」でナポリピッツァの修行をしたという高村さんは、生地造りや焼きの技術に加えて、食材の組み合わせのセンスも良いので、地元の「和」を感じさせる食材を使ったピッツァでも、ちゃんとナポリピッツァとして違和感なく仕上げているのが凄いと思いました。
1枚目はもちろん「マリナーラ:900円」からいただきます!!
トマトソースとニンニク、オレガノだけで作るマリナーラは、蕎麦で例えるならかけそば。
初訪問のお店では、トッピングに誤魔化されずに、ストレートに生地を楽しめるマリナーラから頂くことにしています。
ナポリの製粉メーカー「カプート社」の最高級の小麦粉「サッコロッソ」100%で作られた生地は、しっかりと香りが立っていて、その軽さと味わいに驚かされました。
コルニチョーネ(額縁部分)を見れば、裏もちゃんと焼けているのは容易に想像出来ますね。
この店は、わざわざ行く価値がある店だと思いました!

地元食材を使ったオリジナルピッツァが旨い!

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

2枚目はトップの画像で紹介した「シャモの玉子とベーコンのビスマルク:1800円」です。
奥久慈しゃもの玉子に、つくば産のベーコン、玉ねぎ、マッシュルーム、コショウ、バジル、グラナパダーノ(粉チーズ)、モッツァレラチーズを使ったビスマルクをいただきます。半熟の黄身を潰してソースとして絡めながら食べると玉葱やマッシュルームの旨味に、県内のつくばで作られたベーコンが旨い!。
3枚目は「地元食材のピザ:1800円」
地元大子産の葉わさびの醤油漬けと、お隣にあるゆばの名店「ゆば壱」の生ゆば、マッシュルーム、グラナパダーノ(粉チーズ)、モッツァレラチーズのバランスが絶妙です。
生ゆばとモッツァレラは食感も近くて、こんなに相性が良い食材だとは思いませんでした。
葉わさびの醤油漬けも「和」なんですが、このピッツァには良いアクセントになっていて旨いんです。
ナポリピッツァで例えるならフリアリエッリのオイル漬けとモッツァレラのピッツァって感じですね。
これは、ここでしか食べられないピッツァですよ!。
あまりにも美味しいので、ドルチェピッツァもお願いしました。
「ドルチェピザ 奥久慈リンゴ:1400円」
自家製のカスタードクリームを伸ばした生地に塗っていきます。
そこに奥久慈リンゴを使った甘さ控えめの自家製ジャムを贅沢にトッピング。
パーラに乗せてナポリの薪窯でしっかりと焼き上げます。
奥久慈リンゴとバニラアイス、ナッツを使ったドルチェピッツァ。
甘さ控え目の自家製リンゴジャムと、塩気のある生地が絶妙のバランスで旨い!
これは、この店に来たら食べて欲しいデザートです。

最後の珈琲まで楽しんで!

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

茨城が誇るサザコーヒーの豆を使ったエスプレッソを頂いてランチ終了です。
敷地内には地元の新鮮な食材や、こんにゃく、ゆばなどを販売する直売所や、レストランもあるので、お土産もゲット出来ますよ。
すぐにでも再訪して、今回食べられなかったピッツァを食べたいと思えるお店です!。
お店の駐車場の前で撮った写真を見て貰うと、この店のロケーションが分りますよね。
このロケーションで、東京の有名店にも負けない本格的なナポリピッツァが食べられる店だとは、通りすがりの観光客は思いませんよ(笑)。
コゾーでランチを済ませたら、すぐ近くで山の緑を眺めながらのんびりと露天風呂を楽しめる「関所の湯」でリフレッシュして、車で15分ほどの場所にある「袋田の滝」に行ってみましょう。
日本三名瀑と呼ばれる袋田の滝の雄大な姿に感動して、マイナスイオンとフィトンチッドをたっぷりと浴びてリフレッシュ出来ること間違いなし。
旨いナポリピッツァと森林浴が出来る天然温泉に、雄大な滝というコースは、ドライブプランとしても最高のコースになると思います。
紅葉の季節、雪景色、桜の季節など四季折々には必ず訪れたい最高の「大人の遠足」です!!

*参考:2017年10月のメニューの一例

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店

紹介しているお店はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

※本記事は、2017/10/24に公開されています。メシコレで配信している記事は、グルメブロガーの実体験に基づいたコンテンツです。尚、記事の内容は情報の正確性を保証するものではございませんので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

最近見た記事

    都道府県

    メシコレの最新記事を逃さずチェック!

    メシコレのアカウントをフォロー

    この記事もオススメ閉じる